Michael
Wiklund CHFP(ヘルスケアファイナンシャル専門家資格取得)、MS(メディカルマーケティングスペシャリスト)

HFR&Dゼネラルマネージャー


Michael WiklundはUL(Underwriters Laboratories)でヒューマンファクターズリサーチ&デザイン部門のゼネラルマネージャーをつとめています。Michaelは2012年にULが買収したヒューマンファクターのコンサルティング会社、Wiklund Research & Designの創始者です。ヒューマンファクターエンジニアリングで30年以上の経験を持ち、特に医療技術開発に注力してハードウェア、ソフトウェアのユーザーインターフェースやユーザー文書の最適化に携わってきました。ヒューマンファクター専門家の資格を取得しており、プロフェッショナルエンジニアのライセンスも保有しています。ヒューマンファクターに関する書籍も数多く出版しており、執筆者、共著者、編集者として発表した書籍には『Writing Human Factors Test Plans and Reports for Medical technology Development』、『Usability Testing of Medical Devices』、『Usability Testing of Medical Devices』、『Handbook of Human Factors in Medical Device Design』、『Medical Device Use Error – Root Cause Analysis』、『Writing Human Factors Plans and Reports for Medical Technology Development』などがあります。AAMI HE75、IEC 62366-1、IEC 62366-2等、医療機器のヒューマンファクターエンジニアリングに関する最新の標準やガイドラインの主な執筆者のひとりでもあります。現在60人以上のHFE専門家やユーザーインターフェース設計専門家を抱えるULのヒューマンファクターエンジニアリングチームを率いているだけでなく、タフツ大学の実務家教員としてHFEの大学院課程で教鞭を執り、医療テクノロジー開発へのヒューマンファクターエンジニアリング適用を教授しています。